社会のニーズと節度、どう折り合いをつけていくか。

インターネットが普及し始めて間もなく、未成年が見てはいけないようなエッチなサイトが話題になりました。
昔は静止画像だったものが、いまではエロ動画としてネット上にあふれています。

これらの多くにはコンテンツに再生回数が記載されていて、その回数の多さで利用者を集めているような傾向があります。

再生回数は、いわば「行列のできる店」と同じ意味合いがあって、エロ動画でなくても、動画と名の付くものには再生回数による競い合いがあります。

そのコンテンツは実に多彩で、人妻、ギャル、ハメ、ナンパ、素人娘といったキーワドがズラリとならんでいます。
ジャンルで選べるエロ動画サイト>>エロ動画が無料で見れる | アダルト無料動画の1PO3BU

ところでこのエロ動画ですが、エッチな動画であれば何もしなくても客(利用者)が集まってくるのかといえば、それほど甘いサイト運営というものではありません。
たえずサイト内容やシステムに更新をかけ、新しくしていかないとすぐに客離れ現象が起きるのだそうです。

たとえばそれまでは年会費を取っていたエロ動画サイトの運営者も、サイト立ち上げでから1年で、配信料・配信料といったものはすべて無料にし、コンテンツも新しくしています。

競合他社との競争がそれだけ激しいということを裏付けています。

痴女・痴漢といったような電車内の光景をテーマにしたものに刷新したり、巨乳、ガールズおっぱい、巨乳黒ギャル、美乳、爆乳など、おっぱいをテーマにしたものに置き換えたりもしています。

同じエロ動画ばかりが更新されずに並んでいたのでは、たしかに利用者も飽きてしまうのかも知れません。

一部にはこうしたサイトの存在が性犯罪を助長しているとの声もありますが、昔ほどのバッシングや苦情は聞かれなくなりました。

社会のニーズと節度と、どう折り合いをつけていくのか、これは永遠の課題でもあります。